Click! 「新型コロナウイルス感染症対策特設ページ」を開設しました お困りの方に少しでもお役に立てれば幸いです

本日の地元新聞の1面トップは、昨日の「維新の党と民主党との合流」のニュースでした

本日の地元新聞の1面トップは、昨日の「維新の党と民主党との合流」のニュースでした

本日の地元新聞の1面トップは、昨日の「維新の党と民主党との合流」のニュースでした。私は、一昨年の衆議院選挙の時から「野党再編」を訴えてきましたが、昨年9月の安保法案の強行採決や、最近の甘利前大臣はじめ閣僚や自民党議員の度重なる不祥事や失言を聞くにつけ、ますますその思いは強くなっていました。自民党の緊張感のなさは、野党に大きな責任がある。「1強多弱」と言われる今の政治状況が自民党の慢心を生み、安倍政権の暴走を許している。野党がバラバラで足の引っ張り合いをしていては、自民党・安倍政権の思うつぼであり、1日も早く「強い野党」を創らなければならないと感じていたので、この度の「合意」は大きな前進と受け止めています。

ただ、今までの民主党にただ維新の党が合流するだけの、形だけの「野党再編」、形だけの「新党」では、国民の皆さまの期待に応えることは到底できません。イメージを一新するための「新しい党名」ももちろん大事ですが、より大事なことは新党の政策のよりどころとなる「新しい綱領」の策定です。

そう思っていたところ、ありがたいことに、今井幹事長から「綱領づくりの協議会メンバーになるように」との指示がありました。民主党は長妻代表代行、細野政調会長等で、維新の党は小野政調会長、井出政調会長代理と私という布陣です。新しく生まれた新党は、民主党でも維新の党でもない真の「新党」であることを明らかにするためにも、今、国民の皆さまが期待していることを的確に反映した「綱領」を創りあげなければなりません。

この「綱領」が完成してはじめて、私が一昨年の衆議院選挙で約束した「野党再編」の公約が名実共に実現します。公約を果たすため、全力を尽くします。

たたかい日記カテゴリの最新記事