Click! 「新型コロナウイルス感染症対策特設ページ」を開設しました お困りの方に少しでもお役に立てれば幸いです

維新・民主党の「財務・金融合同部門会議」に出席し、平成27年度補正予算案について議論しました

維新・民主党の「財務・金融合同部門会議」に出席し、平成27年度補正予算案について議論しました

維新・民主党の「財務・金融合同部門会議」に出席し、平成27年度補正予算案について議論しました。

今回の補正予算は、問題点が山積で、主なものだけでも、

① 1.9兆円の税収増は、本来、借金の返済(国債の償還)に充てるべきなのに、全て使い切っている(しかもムダづかいがほとんど)。
② 1100万人の高齢者に1人3万円配る(しかも参議院選挙直前)年金生活者等給付金は、選挙対策のバラマキだ。
③ TPP協定案はまだ国会で承認されていない(議論すらされていない)のに、TPP対策予算が3400億円も計上されている。

等々が指摘されています。

私が一番問題だと思っているのは以下の点であり、その旨を発言しました。

「希望出生率1.8(待機児童ゼロ)を実現するために、保育所の整備等ハードの予算ばかりが目立つが、この問題の本質は、保育士不足にある。

保育士の給料は他産業に比べて月額10万円ほど安く、保育士の資格はあっても、なり手がいない。

今やるべきことは、保育所の整備ではなく、保育士の待遇改善である。

希望出生率1.8・介護離職ゼロに直結する緊急対策4000億円は、保育士・介護士230万人の待遇改善にこそ使うべき。」

たたかい日記カテゴリの最新記事