「科学技術・イノベーション議員連盟」つくば視察 その①

「科学技術・イノベーション議員連盟」つくば視察 その①

「科学技術・イノベーション議員連盟」つくば視察 その①

立憲民主党「科学技術・イノベーション議員連盟」の役員5名(青柳陽一郎会長代行、山崎誠幹事長、篠原豪幹事、長尾秀樹幹事、中谷一馬事務局長、高井)で、つくば市にある産業技術総合研究所、物質・材料研究機構、サイバーダイン社等を訪問しました。

途中、つくば市役所を訪ね、五十嵐立青市長、毛塚幹人副市長にお会いすることができました。

毛塚副市長は27歳。昨年、五十嵐市長(40歳)に乞われて財務省を辞めて副市長に就任します。出向で若手が副市長をやるケースはよくあります。この場合、せいぜい2年か3年で、いずれ出身省庁へ戻ります。しかし毛塚さんは出向ではなく、財務省を辞めているので戻ることはできません。ものすごい決断だと思います。
(※毛塚副市長が決断した理由)
https://www.businessinsider.jp/post-160393

五十嵐市長が進める「インターネット投票による政策公募」をサポートする㈱VOTE FORの市ノ澤社長から、ブロックチェーンとマイナンバーカードを活用したネット投票の仕組みについてお話を伺いました。

最強コンビがツートップのつくば市が、これからどんな改革をやり遂げるのか、とても楽しみです。

たたかい日記カテゴリの最新記事