BLOG

超党派の「eスポーツ議員連盟」役員会

2019年12月25日たたかい日記

超党派の「eスポーツ議員連盟」役員会を開催し、eスポーツに対する法規制の課題について、「日本eスポーツ連合(JESU)」「日本オンラインゲーム協会(JOGA)」等からヒアリングを行いました。

日本では「eスポーツ大会の参加者から参加料を徴収し、その一部を賞金に充てると刑法で禁じられている賭博罪に該当する」とのこと。

諸外国では「勝敗が偶然に左右される場合は賭博になるが、勝敗が技量によって決まる場合は賭博にならない」という考え方が一般的で、世界で開催されるeスポーツ大会のほとんどは、賞金は参加費から出ているそうです。

eスポーツの普及を阻む法規制の課題を解決するのは国会議員の仕事であり、これからも力を入れてまいります。

BLOG