Click! 「新型コロナウイルス感染症対策特設ページ」を開設しました お困りの方に少しでもお役に立てれば幸いです

「ムダ遣い解消PT」で、「東京オリンピック・パラリンピック関連予算」についてヒアリングを行いました

「ムダ遣い解消PT」で、「東京オリンピック・パラリンピック関連予算」についてヒアリングを行いました

事務局長を務める「ムダ遣い解消PT」で、「東京オリンピック・パラリンピック関連予算」についてヒアリングを行いました。

当初7300億円だった予算は、今や2兆円とも3兆円とも言われています。

先日、国・都・組織委員会・IOCの4者協議が行われましたが、「総額はいくらになるのか?」「国はどの程度負担するのか?」と聞いても、政府(内閣官房・スポーツ庁)は「わかりません。都と組織委員会が決めることです。」の一点張り。

2012年のロンドン大会では、国が競技会場の建設を一手に引き受ける組織を作り、開催5年前から予算の総額と内訳を定期的に公表し、政府の監査局もチェックしていたのと比べると、雲泥の差です。

4者協議の場で、組織委員会の森会長は、「ロンドンの場合は、総額2兆数千億円のうち国が9500億円を負担。国が関わるものが何なのか、よく研究しなければ。」という趣旨の発言をしていますが、まさに今、オリンピック・パラリンピックの準備が、責任者がはっきりしないまま進んでおり、このことが「予算の焼け太り」につながっていると思われます。一刻も早く「国と都と組織委員会の役割分担と責任を明確にし、予算総額を算出する」ことが求められています。

当PTでも、引き続きこの問題は取り上げてまいります。

たたかい日記カテゴリの最新記事