BLOG

立憲民主党岡山県連合の第2回定期大会

2019年11月25日たたかい日記

立憲民主党岡山県連合の第2回定期大会が開かれ、引き続き県連代表を務めることになりました。

党本部を代表して長妻昭代表代行にお越し頂き、アベノミクスに代わる立憲民主党の経済政策をわかりやすくお話頂きました。

県連を代表しての挨拶では、冒頭、4日前に歴代最長となった安倍政権についてコメントしました。

国会では、憲法違反の「安保法」「共謀罪法」「特定秘密保護法」、国民生活を脅かす「年金カット法」「働き方改悪法」「カジノ法」、そしてお手盛りの「参議院議員定数増法」等17本の法律が強行採決。

外交では、海外出張の度にばら撒いた税金は56兆円。トランプ大統領になってますます米国のいいなりで、日米FTA合意、武器の爆買い(F35戦闘機100機1兆円、イージスアショア2兆円)。ロシアとは2島返還どころか「北方領土」という言葉も使えなくなる始末。

そして何より、民主主義の根幹を揺るがす公文書の隠ぺい、改ざん、破棄は相変わらずで、官僚の忖度は長期政権の弊害そのもの。

しかし、その長期政権を許してきたのは野党の不甲斐なさ(安倍政権支持の最大の理由は「他にいないから」)。今度こそ、来るべき衆議院選挙では、野党共闘で安倍政権を打倒し、政権交代を実現する。

そんな決意を申し上げました。

BLOG