BLOG

「ギャンブル依存症問題を考える会」主催シンポジウムに参加しました

2018年04月20日たたかい日記

「ギャンブル依存症問題を考える会」が主催するシンポジウムにパネリストとして参加いたしました。

コーディネータの田中紀子代表からは、私のパチンコ問題に関する国会質問に対して過分なお褒めの言葉を頂きながらも、ギャンブル依存症対策基本法案の国会審議が進まないのは野党が法案審議に後ろ向きだからと厳しいご指摘も頂きました。

私からは、「我々がつくった法案には、当事者も含む関係者会議の設置や依存症対策費用の捻出なども盛り込んでおり、与党もこの部分は取り入れてもらいたい。カジノはギャンブルの中の一部に過ぎない。この法案とカジノ法案は切り離して議論すべきであり、党内でしっかり話し合いたい。」と申し上げました。

また、パチンコ問題についても問われたので、

「パチンコは、現金と交換していない(3店方式)と言い張って、賭博(ギャンブル)ではなく、風俗営業に位置づけられている。こんな実態に合わないグレーな状態を続けているのはよくない。パチンコをきちんとギャンブルと位置付けて、ギャンブル依存症対策の費用もパチンコ業界に負担してもらうべき。その方がパチンコ業界のためにもなる。」

と申し上げました。

最近の国会の混乱で、ギャンブル依存症対策基本法案の審議はますます厳しくなっていますが、必要な法律は通さなければなりません。そのために全力を尽くします。

(当日の模様を田中紀子代表がブログに書いてくれています。http://officerico.co.jp/blog/?p=7729

BLOG