BLOG

前川喜平さんと加計学園問題を考える会

2018年01月09日たたかい日記

前文部科学事務次官の前川喜平さんをお招きしての「加計学園問題を考える会」。
開始時間10分前に到着したところ既に満席。3時間立ちっぱなしで講演を聞くことになりました。
急きょ別室でインターネット中継も行ったそうで、来場者は600名とのこと。1000円の会費をとって600名集まるというのは驚異的な数です。
夜は、前川さん、寺脇研さんとNPO法人「だっぴ」の柏原さんを交えて教育をテーマにしたトークセッションにも参加。
更に打ち上げにも参加させていただき、午前0時を過ぎるまで、前川喜平さんといろいろな話をすることができました。
前川さんの言葉で一番印象に残ったのは、
「森友・加計学園の問題よりもっと深刻なのは、伊藤詩織さんの事件。官邸と警察権力が癒着して、犯罪を無かったことにするなんてことがもし本当にあったとしたら、恐ろしい国だ。」
全く同感です。来るべき通常国会では、私はこの問題を追及してまいります。

BLOG